とりあえず「過多月経」をどうするか?

IMG_4596.JPG

今日はようやく強風が収まって、
おだやかな朝のお散歩ができましたw

これからお天気下り坂の静岡。
早めの昼食にして
午後のお散歩に行ってきちゃいます。

ところで今日は、
「過多月経をどうにかしたい」
「過多月経を減らしたい」
「過多月経を治したい」

という、切実かつ
緊急なお悩みについて
考えていました。。。

じゃすもかつては
生理の量が多すぎて
これは死ぬんじゃないか?と
考えてしまうほど
トイレが真っ赤になったものです。

実際に死が目の前をウロウロしたほど
深刻な数値となり
【生理が多すぎて死ぬ】という
体験を危うくするところでした。

なので、同じ悩みを持つ女性に
早めに何かしてほしくて
今日は書きますね。

過多月経を止めるための薬?
病院で生理が多いと
止血剤としてトラネキサム酸が
出てきますよね。

とりあえず出血を止めましょうと。

でも生理は出血というよりは
子宮内に溜まっている経血。

それをどの段階で止めるのかって
話ですよ。

血を止めるというより
粘りを増して
塊やすくする薬だとしたら
これは過多月経さんにとって
逆効果なわけです。

子宮筋腫で過多月経ならば、
子宮筋腫は血の流れが悪くてできる
【瘀血:おけつ】が原因だから、
血のめぐりを悪くしてどうする?
と思うのです。

じゃすはトラネキサム酸で
副作用が出ました。

過多月経を治す薬は
西洋医学では今はまだない。

過多月経を良くしたければ
元の子宮筋腫を小さくして
子宮内の壁の面積を小さくして
経血量を減らすしかないと
考えるのが一般的です。

それで、トラネキサム酸と
低用量ピルの合わせ技と
いう手を使うのですけど。

いずれも副作用があって
身体が拒否った経験があります。

直観的に、体が薬を
毒物だと判断するのでしょうね。

じゃすが考える方法は?

■生理そのものから変える
(正しいリズムにする)

■子宮筋腫を小さくする
(威力を抑える)

■エストロゲンを弱める
(女性ホルモンのバランス)

過去のじゃすに教えるならば、
副作用が心配なくて、
続けることで良くなっていく
方法を示すでしょう。

手っ取り早く、何かするならば
この3点をしますね。

始めたその日にどうかということは
さすがにありませんが、
早ければ2~3日、
一週間、二週間と積み重ねると
どんどん手ごたえを感じるはずです。

体調の変化を実感できるのです。

寝起きが良くなったとか、
顔色が明るくなったとか、
唇の色が良くなったとかね。

そして次の生理の印象が
前月とは違うなと感じるのです。

イメージできましたか?

薬剤で過多月経を
簡単に変えようとすると
他で不具合が出るというのを
忘れないでくださいね。

■子宮筋腫を小さくするには?
(筋腫の威力を抑える)

改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座(じゃす特典付き)

■生理そのものから変えるには?
(正しいリズムにする)
生理月3回分は続けるといいです↓




にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村
↑アリガトございます^^)
じゃすりん・へご意見・ご相談があればお寄せください!
コメントは承認後に掲載ですので、掲載されたくない場合はお書き添えくださいね!
掲載不可でしたら、公開はしませんのでご安心ください。。


『じゃすりん・へメール送る』はこちら↓
http://my.formman.com/form/pc/d1vh5Bas27jU9UAe/




この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449722398
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック